知る人ぞ知る名作、感動のストーリーとBGMが最高「MOON」

トップページ
お気に入りに追加
  

知る人ぞ知る名作、感動のストーリーとBGMが最高「MOON」

奥深さがある初代プレイステーションの名作ゲーム3選

 

初代プレイステーションは今プレイしても新鮮さを感じる名作揃いです。

やり込み度の高い傑作を紹介していきましょう。

 

ファイナルファンタジータクティクス

 

1本目は『ファイナルファンタジータクティクス』。名作『タクティクスオウガ』などを作ったスタッフがスクウェアに移って製作されたシミュレーションゲームです。

ターン制で戦略をじっくり練ることが出来るゲームで、キャラのカスタマイズやジョブ変更が楽しい要素です。

 

主人公ラムザを中心とする美しく切ないストーリーも最高で、戦争をテーマにした重厚なストーリーは様々な解釈と考察が出来る奥深さを持っています。

 

ネオアトラス2

 

続いて紹介するのは『ネオアトラス2』です。

航海や交易などを行いながら、世界の形を解き明かしていくゲームとなっています。

 

調査報告を信じるか否かにより、プレイヤー次第で文化や歴史が変貌していく自由度さが面白く、クリアした後も何回もプレイできるスルメゲーです。

 

MOON

 

最後は『MOON』。知る人ぞ知る名作とされ、感動のストーリーとBGMが最高な作品です。

ゲームの中に吸い込まれてしまった主人公が、元の世界に戻るために奮闘する内容です。

 

一般的なゲームでは主役となる勇者が悪役として描かれている姿も衝撃でした。

ムーンディスクと呼ばれるアイテムを入手すればゲーム中のBGMを自分の好きなものに変更できました。

後にサウンドトラック化されて現在ではプレミア扱いされています。

 

初代PSゲームは後のシリーズか作品も多く、プレイしがいのある作品ばかりです。