やるドラの4作品で最も面白い「ダブルキャスト」

トップページ
お気に入りに追加
  

やるドラの4作品で最も面白い「ダブルキャスト」

私のおすすめするプレイステーションゲーム3選とは

 

私がおすすめプレイステーションゲーム3選と言われて思いつくのは、「ドラゴンクエストVII 〜エデンの戦士たち〜」「エリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士2〜」「ダブルキャスト」です。

 

ドラゴンクエストVII

 

「ドラゴンクエストVII」は有名なドラクエシリーズのひとつなのですが、歴代ドラクエの中で個人的に最もプレーしたゲームです。

多彩な職業やスキルなどのやり込み要素が多く、子供にはトラウマになりかなねいダークな展開などもあり、少しマンネリ気味だったドラクエシリーズに新たな風を吹き込んだ作品だという意味でも、秀逸だったと思います。

 

エリーのアトリエ

 

「エリーのアトリエ」は今でも続いているアトリエシリーズの二作品目です。

前作のマリーはプレイしていなかったのですが、エリーはマリーの欠点なども改善されていて評判も高かったので購入してみました。

 

とにかくアイテムを作るのが楽しくて、シナリオの進行そっちのけでアイテム作成にはまっていました。

最近のシリーズは個人的には凝りすぎだと感じているので、これぐらいの手軽さでやり込み要素もあるバランスが一番面白かったです。

 

ダブルキャスト

 

「ダブルキャスト」は「みるドラマから、やるドラマへ。」とのキャッチコピーのやるドラシリーズの1作目です。

とにかくシナリオの展開が豊富な上に、バッドエンドの数も相当あり、なかなかクリア出来ずかなりの時間プレイしました。

 

やるドラマへというだけあり、かありやり応えのあるゲームでしたし、シナリオ自体もやるドラの4作品で最も面白かったです。