アトリエシリーズの初タイトル「マリーのアトリエ」

トップページ
お気に入りに追加
  

アトリエシリーズの初タイトル「マリーのアトリエ」

女性にオススメのPS1ゲーム3選

 

PS1は、1994年12月4日に発売されて以降、累計出荷台数が1億台を突破したという大ヒットゲーム機の一つです。

そんなPS1でプレイできるゲームの中にも、数々ヒット作が生まれました。

 

人気のゲームが多い中で、女性でも楽しめるものを3つ選ぶとしたら、「パラッパラッパー」「マリーのアトリエ 〜ザールブルグの錬金術士〜」「チョコボの不思議なダンジョン」をオススメします。

 

パラッパラッパー

 

パラッパラッパーは、音楽にボタンを押してラップするという音楽ゲームです。

音ゲーの元祖と言っていいでしょう。

 

先生のお手本以上のラップができるとCOOL状態となり、1人でラップをしなくてはいけません。

そのため、プレイヤーはリズム感とアドリブ能力が必要となります。

 

主人公のパラッパやタマネギ先生などの個性溢れたキャラクターが多く、独特の世界観が楽しめます。

「パンチパンチキック♪」とやり始めると止まらなくなる面白さです。

 

マリーのアトリエ

 

マリーのアトリエは、今なお続編が販売され続けているほどの人気ゲームの初タイトルです。

ゲーム内容は、錬金術師を目指している主人公マリーが、依頼されたものを作るために、ダンジョンへ材料を取りに行き、調合、納品してレベルを上げて行くという形になっています。

 

わかりやすく単純な内容なのですが、やり始めるととことんやりたくなってしまう魅力があります。

戦闘メインではなく、コレクションやおつかいモードなどのRPG要素が満載なので、女性が遊びやすいシステムとなっています。

 

チョコボの不思議なダンジョン

 

チョコボの不思議なダンジョンは、風来のシレンやトルネコの大冒険と同じ、アクティブタイムバトルシステムを採用したゲームです。

このシステムは、毎回ダンジョンに入る度に、ダンジョン内の地形が変化するという画期的なものです。

 

さらに、ジョブごとにアビリティを覚えたりといった戦略性も加わっているので、かなり楽しめます。

長く遊べるゲームです。