ラグが起きづらい2つのネット回線

トップページ
お気に入りに追加
  

ラグが起きづらい2つのネット回線

ラグが発生しづらい回線に接続したいなら、選択肢は2つあります。

利用者人数が少なめな回線に乗り換えをするか、優待回線への申し込みです。

 

後者の方法であれば、乗り換えする必要はありませんが、別途で費用はかかります。

 

そもそもラグが発生する理由は、接続者の人数が多いからです。

回線の処理能力に限りがあるのに、利用者人数が多いとラグが発生する傾向があります。

 

ラグの状態は、よく渋滞道路にたとえられます。

たまに道路が渋滞している光景を見かける事があるでしょう。

 

渋滞してしまう理由は、通行人数が多いからです。

帰省ラッシュのシーズンになると、多くの方々が高速道路で移動しますから、どうしても混雑してしまう傾向があります。

高速道路は、そう簡単には拡張工事を行える訳ではありません。

 

ラグも、それと似た状況になります。

回線の利用者は多いにもかかわらず、対応できる通信量には限界があるので、たまに回線が途切れてしまう訳です。

現に夜中の時間帯などは利用者人数が増えますから、ラグが起きやすくなります。

 

ですが独自のネット回線であれば、利用者人数はそれほど多くありません。

道路が常に空いている状態になりますから、ラグも起きづらくなる訳です。

 

また利用者人数が多いネット回線でも、独自の有料サービスを採用している事があります。

いわゆる優待回線です。お金を支払ってくれる優待者のみ利用できる回線で、混雑しづらいです。

 

別途で数百円ほどかかる事が多いですが、ゲームのストレスが大きい時は、前向きに検討してみる価値があります。